ゲームの想い出ノート

ゲームはクリアしたらほぼ手放してしまいますが、ゲームの想い出が薄れていくのは寂しいものがあります。このブログはゲームの想い出が風化する前に形に残したいと考え、綴ったものです。評価やプレイ日記というより、あくまで想い出なので記述内容に偏りや、想い出補正があります(特に昔プレイした作品)。ゲーム攻略の参考にはなりません。注釈無くネタバレもありますので、ご注意下さい。

Chaos;Child(PSV・2015)

・妄想科学ADV、再び。

カオスチャイルドは、科学アドベンチャーシリーズの第1弾である『カオスヘッド』の正式続編に当たり、科学アドベンチャーシリーズの第4弾となります。

カオスヘッドの方はアニメでしか拝見してないのですが、猟奇的なグロさや、ギガロマニアックスやディソード云々より、

何はなくとも主人公の声をあてた吉野さんの演技力にただただ恐れ入る作品でした。その演技力の高さゆえに「あまりにもキモオタ再現度が高すぎて気持ち悪い」「いくらなんでもここまで俺達はキモくない…と思う」と早期離脱した人も多いとか…そういう噂がまことしやかに語られたものです。素晴らしい声優さんです。

そんなカオヘの続編です。

 

・どんなゲーム?

いわゆるテキストアドベンチャーゲームなのですが、

ゲームシステムとして特徴的なのが、妄想トリガーです。

シナリオの途中で突然現れ、ポジティブな妄想をするかネガティブな妄想をするか、あるいは妄想しないかを選択する事が出来ます。

概ねポジティブ妄想はギャグだったりエロだったりと明るい妄想で、ネガティブ妄想はむやみやたらに悲惨だったりグロい、暗いものです。

一見ただのお遊び要素にしか見えず、妄想して一体何の意味が…?という感じですが、主に各ヒロインの分岐に関係してきます。

とはいっても一周目はノーマルエンド確定なので、一周目ではお遊び要素と言っていいかもしれません。

ノーマルエンドの一周目をクリアした後に、妄想トリガーでうまく条件を満たし各ヒロインの個別ルートに入り、それぞれエンディングを迎えるとトゥルールートを見ることが出来ます。 

上述のようにカオヘの続編なので、 舞台となるのはカオヘと同じ渋谷の街であり、前作から6年が経過した2015年の出来事と設定されています。

あと、作中で起きる猟奇殺人事件を主人公の所属する新聞部が追っているという関係で、猟奇殺人事件の謎について推理するパートも存在します。

ジャンル的にはサスペンス、ミステリーと、あとホラーでしょうか。美少女キャラが登場しますが、あまりギャルゲーという感じはしません。お色気は多少ありますし、個別ルートも存在しますが。

また、作中の猟奇殺人事件はかなりグロいもので、身近なキャラも容赦なく犠牲になったりと結構精神的にくるものがあります。そこら辺が好みの分かれる部分かもしれません。

 

・ギガロマニアックスとかディソードとか。

カオヘとカオチャに共通して存在する重要な設定です。

ギガロマニアックスは誇大妄想具現化能力者を指し、

基本的に精神を病むレベルに心を痛めてしまった人間が覚醒する事で得る、妄想を自在に操る能力です。妄想を具現化する(リアルブートと呼ばれています)という事が出来るのです。

深い絶望や、発狂レベルの狂気が必要とされ、作中で研究機関が拷問のような事を被験者に行っている様子も散見されます。

そんなギガロマニアックスが持っているのがディソードで、ファンタジーの世界に存在しそうな現実離れした剣の形状をしています。妄想を具現化する端末の役割をしているらしく、ギガロマニアックス達が所有するディソードは風景のどこかにあるらしく、自ら見つけて引き抜く事で真のギガロマニアックスに覚醒する…らしいです。

とはいえ、本作で登場するギガロマニアックス達は前作でじゃんじゃんリアルブートさせていたギガロマニアックス達より、ごく限定的な能力しか発揮できず、いわゆる弱体化しているというか、不完全な能力者と位置付けられています。ごく一部をのぞいて。

また全員がカオスチャイルド症候群と呼称される疾患に罹患しています。

カオスチャイルド症候群はトゥルールート以外では伏線程度にしか描写されていないものなので、一応説明は伏せます…が、たぶんWikipediaにも載っていたと思います。

 

・ ニュージェネレーションの狂気の再来。

前作カオヘで、2009年9月から11月にかけて渋谷で起きた不可解な連続猟奇事件が、通称『ニュージェネレーションの狂気』と呼ばれていました。一連の事件は、とても不可解であり、かつ凄惨な犯行が特徴でした。

そして、主人公の西條拓巳が、一時はその事件の容疑者とされながらもそれを見事覆し、英雄化した経緯があります。本作の主人公・宮代拓留はそれを子供の頃、目の当たりにし、憧れていました。

本作では、その6年後に、かつての『ニュージェネレーションの狂気』が起こった日付と同じ日付に、凄惨な連続猟奇事件が発生したことから、『ニュージェネレーションの狂気の再来』と噂されるようになり、

それに興味を持った、高校三年生で新聞部部長の主人公・宮代拓留とその仲間達が事件を追っていく所から物語は始まっていきます。


・1年前くらい…だからあまり覚えていない。

本作のプレイ時期は、このゲーム想い出日記を始める前なので、少なくとも1年は前にプレイしたものです。

というわけで、ここまでノリノリで書いてきましたが、プレイ当時の新鮮な気持ちというのは、薄れてしまっているというのが本音です。

ノーマルエンドから始まり、各ヒロインの個別ルートも制覇、そして、トゥルールートも達成し、総じて、とても素晴らしい作品だったと感想を持ちました。

でもそれを詳しく書けない。薄れてしまっているから。もどかしいです。

覚えている所で書くと、

この作品は、トゥルールートが素直にハッピーエンドとは言い難いものというか、涙を誘う結末なのですが、

大団円とはまた違った深い余韻というか、心をえぐられる美しい切ない物語というか、そういった感触を与えてくれました。

個人的には、ある意味ノーマルエンドの方がハッピーなのではと思えてくる…いやまあ…破滅が透けてみえてはいますが。狂気的なハッピーエンドというか。ホラー映画っぽい結末という感じでしょうか。『目的達成した!→やっぱ駄目でした』って感じの。

 

・前作の主人公がキモすぎたので…。

か、どうかは判りませんが、本作の主人公・宮代拓留はキモくないです!

いわゆるいけてない方の人間ではあるのですが、本人はそうは思っていません。

自分の事は真の意味でのリア充だと思っていて、情報強者を自負しています。

若干鼻につく性格かと思いきや、クラスのいけてる人達に話しかけられると挙動不審になったり、どもったりと、いわゆる我々サイドの人間である事がはっきり判ります。

とにかくヘタレまくって、なかなか俺のターンにならず、終盤あれよあれよと覚醒した感のある前作主人公・西條拓巳と対照的に、

基本はヘタレでありながらも、かなりの行動力を発揮して、事件の真相を追いかけていき、そして衝撃的な展開をいくつも経て、最終的には悟りを開いたかのような境地に達します。

妄想トリガーを引くと、ポジティブにしろネガティブにしろ、かなり馬鹿馬鹿しい妄想が多く、最終的な聖人モードも含めて、かなり好感が持てるキャラクターでした。

まあ、前作の西條拓巳も好きでしたが。カオヘのアニメ版はだいぶ西條氏の台詞は自主規制されてるらしいので、ゲーム版、いつかはプレイしたいのですがね。

 

・ぼくのかんがえたさいきょうのおさななじみ。

と言っていいのか…メインヒロインの尾上世莉架なのですが、とても印象深いヒロインでした。

ちょっとゆるゆるなごく普通の女の子として登場し、「おっけい」が口癖の拓留の1つ年下の幼なじみである尾上。

確かに可愛いのですが、一見、他のヒロインと比べて到底メインを張れるようなキャラクターには見えません。

でもノーマルエンドをクリアする頃にはもう私は尾上に夢中でした。恐らくプレイ済の方は多くそういう感情を抱いたのではないかと思います。

他ヒロインの個別ルートをクリアしないと、トゥルールートが解放されないので、他のヒロインのルート探しに妄想トリガーを引きまくってる間も、尾上の何気ない普段の挙動にすら目が離せません。

他のヒロインのルートで、尾上の影が見えれば大興奮です。

もちろんトゥルールートは泣くしかありません。見て単純に嬉しいというのとは何か違う、でもやっぱり到達出来て良かった、なにかほろ苦い気持ちになる感じでしょうか。

大人の階段を登った感じです…当時既に30歳は過ぎてましたが。

 

・来栖乃々。

拓留とは渋谷地震以降に同じ児童保護施設で育った家族であり、歳は同じですが、拓留のお姉さん的存在です。

学校では生徒会長兼新聞部副部長で、生徒から高い人気を誇る美少女…と、まさにパーフェクトな女性なのですが、彼女には重大な秘密がありました。

真相は伏せた方がいいのかと思いますが、Wikipediaには思いっきり書いてあります。

やっぱり好きなキャラクターの一人なのですが、デリケートなキャラクターでもあるのでうまく書けません。

とりあえず泉理ちゃん可愛い!とだけ書いておきます。

 

・有村雛絵。

尾上と同学年の女の子です。

登場時は謎だらけにも程があり、敵かも味方かも判らず、なんだかよく判らない女の子だなぁという印象でした。

拓留もよく判らないキャラだと思っていたからか、腐女子キャラ妄想をしていたりして、 そういうのを見ているうちに益々よく判らなくなっていった印象です。いや、面白かったのですが。

個別ルートはかなり陰鬱というか…、個人的には好みでしたが。

 

・山添うき。

個別ルートのエンディングがとても多い女の子です。えっと…あんまり覚えていないですけど、可愛い女の子でした。 

 

・香月華。

色々あって「ん」しか喋らない高校一年生の女の子です。

エンスー2』というネトゲばかりやってる女の子なのですが、個別ルートに入ると、世界がどえらい事になります。

共通ルートでは、何のためにいるのかいまいち判らないキャラクターでしたが、

しれっと西條氏と繋がりがあったり、有村ルートにも関係してたりと、奥行きの深いキャラクターで結構好きでした。

 

・久野里澪。

『ニュージェネレーションの狂気の再来』事件を追う、常に白衣を身に纏っている女の子です。

基本的に高圧的な物言いをする女性なのですが、特に拓留達に対して憎しみや嫌悪に近い、きつい言動をしてくるキャラクターだったので、

不可解でもあり、もはや恐怖にも似た感情を抱いていたのですが、

お話が進んでいくにつれ、その理由も判り、好きなキャラクターに変化していきました。

Steins;Gate』の牧瀬紅莉栖と繋がりがあり、彼女と英語で電話をしているシーンがあります。

 

伊藤真二。

拓留と同学年の良き友人として、共に事件を追い、長らくお話を盛り上げてくれます。

拓留とよく頭良い感じの談義をしてますが、伊藤の方が実は一枚上手のような感じなのが、結果的に拓留の人物像に好感を抱かせる効果に繋がってたように思います。

とりあえず、新聞部に入ったのは彼の意志だったようなので、それは良かったです。