ゲームの想い出ノート

ゲームはクリアしたらほぼ手放してしまいますが、ゲームの想い出が薄れていくのは寂しいものがあります。このブログはゲームの想い出が風化する前に形に残したいと考え、綴ったものです。評価やプレイ日記というより、あくまで想い出なので記述内容に偏りや、想い出補正があります(特に昔プレイした作品)。ゲーム攻略の参考にはなりません。

ちょこっと想い出まとめ(PSP)

PSPの想い出まとめです。

PSPは結局、ゲームアーカイブスばっかりしてました。ゲームアーカイブスは原作の方に想い出書いてるので記述は割愛してますので、結果としてプレイ作品数は少ないです。

 

レミングス(PSP・2006)

レミングスPSP移植版だと思います。

グラフィックはかなり綺麗になりましたが、BGMはほぼ無い環境音になりました。

SFC版をそのまま携帯機で出来た方が、個人的には最高でしたね。

 

極魔界村(PSP・2006)

あの魔界村の極です。3Dアクションになりました。

しかし魔界村は2Dのイメージが強いというか、なんとなくこちらにはなじめませんでした。

 

メタルスラッグコンプリート(PSP・2007)

メタスラナンバリングが贅沢にたくさん入ってます。

一番やったのはXでしょうか。

使用キャラはとにかくなんでもいつもフィオちゃんです。とても可愛いのですが、

近々の可愛いキャラデザバージョンでなく、

やはり異様に濃いキャラデザバージョンこそが真の姿と呼ぶにふさわしいでしょう。

 

ワイルドアームズ クロスファイア(PSP・2007)

ワイルドアームズSRPGになりましたよ。

シナリオとても良かったです。

ステージ毎に解法がほぼ決まってる感じで、1キャラで無双プレイ出来たりすることはなく、詰め将棋的なプレイ感覚でした。

 

ディシディア ファイナルファンタジー(PSP・2008)

ファイナルファンタジーシリーズの主人公とラスボス(一部ラスボスでなく、一番印象的な敵キャラ)による3D対戦アクションです。

こちらは10までのナンバリングキャラが登場します。

面白かったのでデュオデシム(12まで対応)も買いました。

 

魔界戦記ディスガイア2 PORTABLE(PSP・2009)

ディスガイア2のPSP移植版です。

シナリオ良し、ゲーム性良し、BGM良し、グラフィック良しのかなり良作なのですが、

更にこの移植版ではDLCがあり、

な、なんとあの『ソウルクレイドル』のギグ様が使えます。

ソルクレ本編では一切使えないキャラクターだったので嬉しかったですね。

 

・七魂 NANATAMA クロニクル・オブ・ダンジョンメーカー(PSP・2009)

クロニクル・オブ・ダンジョンメーカーシリーズの一作…と呼んでいいと思うのですが、Wikipediaにページがなく詳細不明です。

とりあえず主人公はダンジョン作る人です。

いろんなパーツやトラップを仕掛けて、良い感じのダンジョンを作って、モンスターをうまく棲みつかせます。

そして自分で探索します。結構面白かったです。

キャラデザが寺田克也さんでかなりかっこ良かったです。

 

イースセブン(PSP・2009)

有名なARPGであるイースシリーズ。とにかくたくさん出ていて何がどうなってるのか、一度足を踏み入れたら、追いかけるのが大変そうでなかなかプレイ出来ないでいたのですが、

とりあえず片足突っ込んでみました。

 赤い髪の冒険者アドルの名前くらいしか知らない状態でも充分楽しめました。

 

ネオジオヒーローズ~アルティメット シューティング~(PSP・2010)

シューティングゲームSNKキャラが自機になりましたよ。

なんというか…同人ゲームっぽい感じでした。あまりよろしくない方の意味で。

 

GOD EATER BURST(PSP・2010)

モンハンみたいなゲームやりたいなーと物色していた時、「友達がいる人はモンハンを、いない人はGOD EATERをやるといい」というネットの海の言葉に従い、これを買いました。

友達いなくても充分プレイ出来るだけでなく、見事な中二病好みの世界観にもうやみつきです。

 

ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー(PSP・2011)

ファイナルファンタジーシリーズの主人公キャラとラスボスキャラによる3D対戦アクションです。

過去作のデザインの雰囲気を残しつつ3Dにモデリングされていて、かつキャラ毎に違う、キャライメージに沿った操作性が楽しかったです。

声優陣もかなり豪華です。

 

Steins;Gate 比翼恋理のだーりん(PSP・2012)

Steins;Gateのファンディスクです。

まゆりルートよ永遠なれ!

ド直球の幼なじみシナリオです。

何気にるかがしっかり男のままで結ばれる、るかルートも永遠なれ!

 るか子はオカリンより立派な代物を持っているという情報は私の脳裏に深く刻み込まれました。

あとは、オカリンの厨二病ネーミングの一つ『エターナル エンゲージ』が、まんま私が昔考えたネーミングだったので目からしょっぱいものが溢れてきました。