ゲームの想い出ノート

ゲームはクリアしたらほぼ手放してしまいますが、ゲームの想い出が薄れていくのは寂しいものがあります。このブログはゲームの想い出が風化する前に形に残したいと考え、綴ったものです。評価やプレイ日記というより、あくまで想い出なので記述内容に偏りや、想い出補正があります(特に昔プレイした作品)。ゲーム攻略の参考にはなりません。

ゲームセンターCX 有野の挑戦状2(DS・2009)

・あの『有野』が帰ってきた!

概要としては『ゲームセンターCX 』という番組がありまして、その番組内でよゐこの有野さんが『ゲームセンターCX興業の有野課長』としてレトロゲームを挑戦しクリアしていく『有野の挑戦』というコーナーをモチーフにしたゲームという位置付けではあるのですが、

単純にそのコーナーをゲーム化したわけではなく、プレイヤーは昔懐かしい時代の住人という事になっていて、そこでファミコンスーパーファミコンのようなゲームが発売されていき、ゲーム雑誌の攻略情報を読んだりしたりして、当時の雰囲気を楽しみながらプレイしていく感じになっています。

ゲームジャンルは『ゲームinゲーム』とのことです。

 

・素晴らしいレトロ風ゲーム達。

前作ではファミコン風のゲームのみでありましたが、とてもファミコンらしくかつ、理不尽さのない古き良きを現代技術で再現した楽しいゲーム揃いでした。

本作では更にパワーアップしていて、

ファミコン風だけでなく、ゲームボーイ風のものや、スーパーファミコン風のものまで登場と、かなり楽しめます。

ジャンルも、横スクロールアクションや、ドットイートアクション、コマンド式謎解きアドベンチャー落ちものパズルに、シューティング、RPGまでかなり幅広く揃っています。

どれも素晴らしく、軽く触るだけでなく、やり込みも充分出来る面白いゲームばかりでした。

 

・ 課長は名探偵。

特に面白く印象深かった一本で、コマンド式の謎解きアドベンチャーになっています。

ただのオーソドックスなアドベンチャーでなく、『つっこむ』『ボケてみる』といった独自の要素があって、ゲームとしてもとても面白かったです。

シナリオも最初はかなり平和だったのですが、徐々にシリアスになっていき、かなり良かったです。