ゲームの想い出ノート

ゲームはクリアしたらほぼ手放してしまいますが、ゲームの想い出が薄れていくのは寂しいものがあります。このブログはゲームの想い出が風化する前に形に残したいと考え、綴ったものです。評価やプレイ日記というより、あくまで想い出なので記述内容に偏りや、想い出補正があります(特に昔プレイした作品)。ゲーム攻略の参考にはなりません。

俺の屍を越えてゆけ(PS・1999)

・世代交代しまくり一族を育てる和風RPG

俗に『人間ダビスタ』とも称される、血統を育て上げるゲームシステムが有名な和風RPGです。発売当時、CMもかなり流れ、実際にゲームをプレイしていなくてもこのタイトル名は知っているという方も多いのではないでしょうか。

大好きなゲームの一つです。PSPリメイク版もプレイしましたが、基本的にはPS版の話をします。知らず知らずに頭の中で混ぜてるかもしれませんが…。

手元に大丈夫なファミ通の攻略本もありますので、きっと長くなると思います。

 

・『人間ダビスタ』。

より良い素質を持つ遺伝子を頂いて次の世代へ次の世代へ、と繰り返すことで、強くなっていくゲームシステムを、俗に『人間ダビスタ』と称されています。

ダビスタとは名馬を育て上げるシミュレーションゲームダービースタリオンからきています。

これを人間のとある一族において、やることになります。

 

・なぜそんなことになってしまったのか。

物語は平安時代の日本、鬼が蔓延り、京は鬼によってボロボロ。大江山には鬼の頭目『朱点童子』がいます。

主人公の両親、源太と お輪は『朱点童子』を討伐しようと大江山を登っていき、ついに『朱点童子』の元にたどり着きます。

しかし、罠にかかった源太は殺され、お輪は生まれてまもない自分の赤ちゃん(主人公)を人質にとられ、なす術もなく『朱点童子』に降伏、捕らえられてしまいます。

物語は、そんな生まれてまもない主人公が『朱点童子』に二つの呪いをかけられてしまった所から始まります。

二つの呪いとは、一つ目が『短命の呪い』で、常人の何倍ものスピードで成長して、1年半~2年のうちに死ぬ呪いです。

もう一つの呪いが『種絶の呪い』で、その名の通り、種を絶やす呪いです。これにより、主人公は人間と子供を残すことが不可能になりました。

ではどうすればいいか。

この状況を主人公に教えてくれたのは『神』と呼ばれる存在のものでした。

神々は天から地上の様子を見ていて、朱点童子始め、鬼が蔓延る現状を憂いていました。

そして主人公の境遇も知っていて、主人公に協力することにしました。

『種絶の呪い』は人間とは子を成せませんが、神となら子供を残すことが可能です。

二つの呪いは遺伝していきますが、『朱点童子』を倒せば呪いは解けます。

より強い神と子供を作っていく事で、一族の血統を強化させていき、いつの日か『朱点童子』を打倒する。

それが、主人公とその一族の悲願となります。

 

・主人公。

名前を付けることが可能です。

公式ではプレイヤーの本名を付けることを推奨されています。

「2年足らずで死ぬ奴に自分の本名付けても…。」などと言わず、素直に本名を付けておいた方が演出的には盛り上がります。

というのも、主人公そのものは本当に2年足らずで死にますが、代々の当主が主人公の名前を襲名していくことになり、

エンディングでもちゃんと演出が考えられているので、

よっぽど自分の名前が恥ずかしいとか抵抗ある人以外は付けるべきと思います。

…私は自分で考えた格好良い名前を付けてプレイしていましたが。

 

 ・イツ花。

主人公一族の身の回りのお世話や天界との橋渡し諸々の為に遣わされた女の子です。

「バーンとォ!」が口癖のとっても明るい女の子なのですが…。天界最高位の神『大照天昼子』と同じ顔をしていたりと色々謎が多いです。

昼子は正直、下手するとラスボスよりタチが悪いと言えなくもない凄まじいやり手の女神様です。

何しろ、いくら神のトップだったらしい大照天夕子の後ろ楯があると言っても、

神様の中では成り立てほやほやで最上位に登り詰めているのですから、尋常じゃないです。腹黒いことも相当やってるのでしょう。迷宮で会うボス級の鬼の中にも昼子に反発して粛清されたくさい方も…。

ぶっちゃけそんな昼子様とイツ花は同一人物なのですが、

厳密に言うと、昔ある事件で死んだ体とわずかに残った魂の残滓がイツ花で、天に召された魂の方が昼子になったらしいです。

一族は容赦なく死んでいく上に、メインストーリー自体もかなり暗く陰鬱な中では、

イツ花の明るさには何度も勇気付けられました。

リメイクのPSP版では昼子様が裏ボスとして鎮座ましましております。

 

・黄川人。

高山みなみさんのボイスがなんとも似合う半透明の美少年です。

半透明の状態は、朱点童子の呪いによるものなので倒して欲しい、という触れ込みでしたが、

大江山の朱点童子を倒すとなんとびっくり、彼こそ真の朱点童子であり、大江山のでかい頑丈な鬼の中に封印されていたという事実が明らかになります。

そこから先がゲーム的にも本当の始まりであり、黄川人も各迷宮の最奥に自分の髪の毛を置いたのでそれを持ってこいだの、登場の度に陰鬱なバックボーンを語りだしたり、やりたい放題やってくれます。

復讐に狂いつつも悲哀を帯びた黄川人のキャラクターは、高山みなみさんの迫真の演技も相まって、本当に忘れられないものになりました。

そして、黄川人のこれまでの境遇や、主人公一族になぜ神々は力を貸したのか、などなど物語の様々な謎も、

概ね彼や、彼の配下の鬼と化した神々との話により徐々に明らかになっていきます。

黄川人に対し、何とも言えない複雑な感情を抱きつつ、ラストバトルに臨むのですが、

ちゃんと直前に「こいつだけは絶対ぶっ倒す」と強く心に思える出来事が起こるので、倒すのに支障はなかったです。

 

・迷宮と化した鬼のすみかの数々。

朱点童子を倒すことが主人公の悲願ですが、まっすぐ朱点童子のところに行った所で歯が立たないので、当面は他の鬼を倒しつつ、力を蓄えていくことになります。

家で戦支度をして、鬼の討伐に向かうのですが、どの鬼のすみかも迷宮になっていて、基本的に奥に行くほど強力な鬼が出て、そして各迷宮には中ボスや、大ボスが鎮座しており、簡単には攻略できません。

更に最奥には黄川人の髪の毛が置いてあります。

もちろんただの髪の毛なわけはなく、各迷宮毎に違う特徴を持った、大蛇や龍のような姿をした強力なボスです。

 

・時間の流れ。

迷宮探索中は常に時間が流れていて、戦闘中も多分ターン毎に時間が流れています。時間は火時計で表示されていて、一回りすると1ヶ月経過したことになります。

たかが1ヶ月、と言いたい所ですが、このゲームの一族は1ヶ月でも結構歳をとったことになるので、時間の流れはかなり大事な要素です。

そろそろこの人物は子供を作っておくべきだな、と感じたら1回家に戻らなきゃいけませんし、

あまり無茶をすると健康度が下がりやすいので、健康度が下がっていたら、やはり用心の為に帰らないといけません。

帰るのは一瞬なので帰り道の事は計算に入れなくて大丈夫なのが救いです。

 

・健康度。

健康を示す値です。最良値は100です。

戦闘で大きく体力を減らしたり、奥義を使うと減ります。

戦闘不能になると0になります。

健康度が下がるとそれに伴って戦闘能力も下がります。

若いうちは家に帰ればすぐ回復しますが、歳をとってくると回復しにくくなってきます。

療養や、お薬が欠かせなくなってきます。

あまりにも激しく健康度が下がり続けると天寿を全うせず死ぬこともあります。

寿命が近づいてくると、何にもしてなくてもガクッと低い状態になるので、その人物は薄々お迎えが近いことが判ります。

 

・忠誠心。

これも数値化されていて、忠誠を誓っているなら100です。当主は必ず100です。

このゲーム、当主と、当主が隊長に任命した人物以外の一族は戦闘中にコマンド指定が出来ません。

かわりに何個か「自分はこういう行動をとりたい」と進言してくるので、

良いと思った行動を選択する形になります。

進言を受け入れると忠誠心は上がります。

逆に進言を却下してプレイヤーの思った通りの行動をとらせることも可能です。

その場合は性格にもよりますが忠誠心は下がります。

あまりにも下がりすぎると、私は見たことありませんが、家出してしまう事もあるそうです。

忠誠心は貴重な茶器を与えたりすることで回復させることも出来ますが、基本的にはよっぽど無茶苦茶な進言をしてこない限りはなるべく進言を受け入れておいた方が面倒が少ないと思います。

ボス戦では到底受け入れてる場合じゃありませんが。

 

・戦闘。

平安時代の日本を舞台にしているだけあって、昔の絵巻物に描かれているような背景に、これまた妖怪画風のタッチで描かれた鬼とキャラクターが表示されているサイドビューの戦闘画面で、オーソドックスなコマンド入力によって戦います。

仲間メンバーは最大4人です。

行動順は敵味方全キャラ毎に速さの値によって順次行動していきます。行動順が回ってくるとコマンドを入力出来ます。

当主あるいは隊長はコマンド入力を自分で出来ますが、他の一族は前述通り、自分で行動を進言してきます。

あと、戦闘開始前に戦利品が決定し、判る仕組みです。これはスロットで見えるように表示されるので、自分が欲しい物を落とす可能性がある鬼が判りやすく結構便利なシステムでした。

レア度が高いアイテムほどスロットが止まりにくくなっていますが、止まりやすくする救済処置もちゃんとあり、なかなかこの要素は楽しかったです。

戦闘に勝つと戦利品と、戦勝点と奉納点が貰えます。

戦勝点はいわゆる経験値です。各個人に分配され、一定値でレベルがあがります。レベルが上がる事で各能力値が個人の素質に応じて伸びます。

奉納点は後述の交神の儀で使用するもので、戦勝点と同じ数値が貰え、貯まっていきます。 

 

・術。

攻撃から回復、補助とたくさんの種類があります。

術は巻物を入手することで一族全員覚えられるようになりますが、

実際覚えるには各個人の能力値が影響します。

色んな術がありますが、とりあえず梵ピン(全体攻撃力アップ)が使えるようになるとゲームの難しさの体感がかなり変わります。

 

・交神の儀。

神様と交わって子供を授かります。

奉納点が必要で、それぞれの神様によって必要な値が違います。

遺伝情報は視認でき、基本的に奉納点が多く必要な神様ほど優秀な素質を授けてくれますが、こればっかりは運も絡みます。

優秀な素質であればあるほど強くなります。

神様は男神女神合わせて108柱居ます。

 

・神々。

108柱も居ますので、バリエーションも実に豊かです。

最初から108柱揃っているわけでなく、割と少なくない数の神様が鬼になってます。

その場合、神様毎にある解放条件を満たして、解放し昇天させないと交神出来ません。

大体、遺伝情報を見て相手を決めるわけですが、

結構色んな神様がいるので、見た目の好みで選ぶのもありです。

詳しく知りませんが、何回か同じ神様と交神するとセリフが変わる神様もいるようです。

これはPS版でもなのか、PSPリメイク版からの話なのか、それとも2の話なのか…全然判りません。

2では何回か同じ神様と交神した際、セリフが変わることに気付きました。

 

 ・鳥居千万宮。

迷宮の一つです。

鳥居がたくさんある風景が好きでよく行ってました。

大ボスの九尾吊りお紺は、お社にどこからともなく置かれていた赤ん坊の黄川人を拾って育ててくれた人だそうです。

黄川人は拾ってくれたお紺に良かれと思って、不思議な力を使って、宝くじが当たるようにしたりバカヅキ状態にしましたが、

それが災いし、お紺の旦那が金を持ち逃げした挙げ句、女と駆け落ちしてしまい、

お紺は悲観して首を吊ってしまったというような話を聞かされながら、お紺打倒に臨みます。

最奥には三ツ髪という、

注連縄を巻いた大蛇の姿をした黄川人の髪の毛が落ちてます。

 

・相翼院。

池がある景色が何とも風情がある寺院です。

全ての始まりとも言われる人間に恋をした天女、片羽ノお業が大ボスです。

彼女と人間の間に生まれたのは、本来生まれるはずのない神の子でした。

神の子が出来たことで天界は大騒ぎ。この子を人間界に君臨させて、積極的に人間界に介入しようとします。 

神々は人間達に「この子供は神の子なので人間の王とする」といった天啓を下します。

人々の中でも信心深い人達は、その子供を王とすることにし、大江山に立派な街を作り、その子供を奉る事にしました。

神の子供はまだ年端のいかない女の子と、生まれたばかりの男の子です。

そんなわけあるか、と怒り心頭の時の帝と、人間に関わるべきじゃないと考える保守派の神々が手を組んで 、大江山の街に攻めいってきました。

天女は旦那と娘を殺され、自身は捕らえられてしまいます。そして見世物小屋に売られ、散々になぶられ悲惨な結末を迎えます。

生まれたばかりの男の子の方は信者が連れて逃げたそうで、鳥居千万宮の話に繋がります。

…といった背景を聞かされつつ、お業戦に臨みます。

迷宮の最奥には二ツ髪がいます。

髪の毛の中でも強い方だったと思います。

 

・九重楼。

九重の塔です。

黄川人の関係者達が怨嗟の声を上げながら鎮座している各迷宮ですが、こちらにおわす2柱は遥か昔にこの塔に囚われた神様で、直接は関係ありません。

何かとどろどろした各迷宮と違って、彼らは太古の昔、餓えと寒さに苦しむ人々を哀れに思い、火と風の理を人々に教えます。

神が人に介入する事は罪とされ、2柱は罪に問われますが、

喜ぶ人々の声が耳に届き、2柱は「自分達は正しいことをした。良かった」と喜んでいました。

ここまでは良い話なのですが…

やはりというか、やがて人々は火と風の理を使い、争いを始めます。

地上は戦火に包まれ、苦しみの声が満ち…2柱、超ガッカリという悲しい結末が待っています。

そんな2柱、太刀風五郎と雷電五郎の2柱を同時に相手しないといけません。

最奥には六ツ髪という、オーソドックスな龍のような姿をした髪の毛が落ちてますが、

ゴロゴロコンビが強すぎて、この2柱が倒せた一族の敵ではないと思います。

 

・白骨城。

夏だけ行ける迷宮です。

朱点童子に挑み死んでいった者達の骨で出来ていて、彼らが成仏できずさ迷う城です。いくらなんでも殺り過ぎです。

勇気を振り絞って朱点童子に挑み死んでいった結果、ここでさ迷うなんてあんまりです。

ここのボスの大江ノ捨丸が、かつて大江山でお業さんを捕らえたそうです。

案の定、黄川人に恨まれ鬼にされてます。

最奥には骨の姿をした大蛇のような四ツ髪が落ちてます。

 

大江山

冬にしか行けない、序盤の山場です。

かつて神の子を奉る立派な街が造られた場所ですが、滅茶苦茶に壊されています。

ここの鬼の姿をした朱点童子を倒すことで、本当の朱点童子を解き放つ事になります。

この鬼朱点、なにげに堀内賢雄さんが声をあてておられます。

鬼朱点を倒すと、結構な数の神様が昇天しますが、この時昇天する神様は、

かつて黄川人を鬼朱点に封印する時に、黄川人に道連れにされた神様達だそうです。 

 

・紅蓮の祠。

灼熱の洞窟です。

ここのボスの赤猫お夏は、元々昼子嫌いだったらしく、反発してたら放火の罪で昼子に追放されたらしいです。

しかもその放火の罪もどうも無実っぽいのでなんともやるせないというか、無実の罪をこじつけて反発するお夏をこれ幸いとばかりに追放したんじゃないか、とか邪推しちゃいます。

(攻略本の桝田さんのネーミング秘話かなんかで、放火の犯人はお七。これ歌舞伎の常識とかなんとか書いてあります。) 

そんなわけで、昼子への恨み満々のお夏は腹いせに、昼子が立てた朱点童子討伐の為のある計画をお業さんにばらしたそうです。

お業さんは当然黄川人を心配してそれを伝えたそうです。

で、その計画を知って、さすがにやばいと感じた黄川人は手を打つ事にしました。

黄川人もドン引きのやばい計画とは、お業と双子の天女であるお輪と人間の間に子供を作り、もう一人朱点童子を作ろうとする計画です。つまり主人公のことです。

主人公は黄川人とその姉に続き、第三の朱点童子=神の子という事になります。

そのため黄川人は先手を打って主人公を捕らえ、強くなる前に死ぬよう、二つの呪いをかけたのだそうです。

話を紅蓮の祠の方に戻すと、

お夏は、実力が拮抗~ややまだ劣る感じの時に挑んで、ズタボロになりつつもなんとか行けそう感が出てきたところで、

『傷なめ』で体力全快したので、白目剥いた苦い記憶があります。

最奥には一ツ髪という火に包まれた大蛇のような姿の髪の毛が落ちてます。

 

親王鎮魂墓。

古墳です。

なんか昔の人気がない帝が、人気のある弟を恨んで、無実の罪で埋めたところ、

見事に祟ったので慌てて立派な古墳を立てたけどちっとも効果ないよね、というような話を聞かされながら、祟良親王と戦います。

確かきょうだいでパーティーを組んで臨むと解放できた神様だったと思います。

話が話だけにちょっと泣けます。

最奥には七ツ髪がいます。たぶん髪の毛の中でも強い方だったと思います。

 

・忘我流水道。

水路と氷の迷宮です。

中ボスの敦賀ノ真名姫が、悲惨な目に遭った人が多い俺屍の中でも屈指の悲惨な目に遭ったお方です。

人魚なのですが、人魚の肉は不老不死という迷信があるので、人に捕らわれては肉を削られ、食べられて迷信だったと、見世物小屋に売られたり、彼女自身は死ななかったので何度もそんな目にあい続け、挙げ句の果てには犬の群れに放り込まれたりととにかく無惨です。

黄川人が介抱してくれたという事を聞かされながら彼女と戦います。

大ボスには氷ノ皇子という天界のスーパースターだったらしい方が鎮座しております。

お紺亡き後、赤ん坊の黄川人に自分の血を与えながら育てて、鍛えてくれたらしいです。

最奥には五ツ髪という氷の龍のような姿の髪の毛が落ちてます。

 

・地獄巡り。

黄川人のお庭で、招待券代わりなのか、彼の髪の毛を7本集めると行けるようになります。

その名の通り、地獄をモチーフにしたラストダンジョンです。

ここまで来たら後は早いかと思いきや、

ここにたどり着いた直後の実力では到底ラスボスにはかないません。

ここは結構広く、ボスもいるので、じっくり攻略していくことになります。

最奥にラスボスが鎮座しております。

倒せばエンディングです。

 

・エンディングテーマ。

底抜けに明るい音頭です。底抜けです。

タイトル忘れました。

 

・メインテーマ。

『花』という良い歌です。

この歌はかなり前面に押し出されていて、ゲームを終わるときも、

『花を聴いて終わる』というコマンドがあるくらいです。