ゲームの想い出ノート

ゲームはクリアしたらほぼ手放してしまいますが、ゲームの想い出が薄れていくのは寂しいものがあります。このブログはゲームの想い出が風化する前に形に残したいと考え、綴ったものです。評価やプレイ日記というより、あくまで想い出なので記述内容に偏りや、想い出補正があります(特に昔プレイした作品)。ゲーム攻略の参考にはなりません。

ジョジョの奇妙な冒険(PS・1999)

カプコンジョジョ対戦格闘ゲーム

あの人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』作中の第3部を題材にした格闘ゲームです。

出ただけで素晴らしいことですが、面白かったのでもっと素晴らしいです。

しかし長らく借りパクされて我が家には現在ありません。

なので、どれだけ素晴らしかったかもはや空想を超えて妄想の域に達しています。

 

・スーパーストーリーモード。

いわゆる一人プレイで原作に沿ったストーリーを追体験していくモードです。

なにがスーパーなのかは具体的には判りませんが、恐らくジョジョリティーの存在がスーパーなのではないかと推測します。

ジョジョリティーとはステージ毎にリザルト画面が表示され、プレイ成績に応じてたまるポイントで、プレイ成績が良かったり、プレイ時に原作再現すると高得点が期待できるものです。

たまると隠しキャラが使えるようになったり特典があります。

 

・対戦格闘だけじゃないステージ 。

スーパーストーリーモードのステージですが、基本的には原作に忠実に敵スタンド使いと戦っていくストーリーが展開していきます。

しかし全ての敵スタンドが対戦格闘向きではないので、そういう敵スタンドは対戦格闘ではないステージになります。

具体的には

『ラバーズ』はシルバーチャリオッツハイエロファントグリーンを自機とするシューティングゲームになり、

ダークブルームーン』や、『エンプレス』、オインゴ&ボインゴの『クヌム神とトト神』辺りは進行中に画面に表示される通りに素早くコントローラーを入力するアドベンチャー

『サン』ならヒントを頼りに敵を探すステージ、

ジャスティス』や『ゲブ神』は横スクロールアクションっぽいステージ、

かの有名なダービー兄の『オシリス神』だと、あの3個のゲームができます。

原作では最初のネコの2択は負けるゲームですが、こちらではかなり低い確率とはいえ勝つことも出来ると聞きました。

なんやかんやで確か全ての敵スタンドがなにかしらの形で登場したと思います。

これは素晴らしいと思います。

 

・ミドラー。

原作では姿を見せる前に再起不能の顔面ボコボコ状態になってしまった『ハイプリエステス』のスタンド使い

本作ではなんと荒木先生がイラストを描き下ろされ、美しい姿をこれでもかと見せ付けてきます。

 

・対戦格闘。

対戦格闘部分ですが、システム面とかそういうのを解説する所ではないのでそれは割愛するとして、

ほぼ一人プレイでやってましたが、キャラ性能格差こそありますが、基本的に楽しくプレイ出来ていました。 

 

・アレッシーの『セト神』演出。

相手を若返らせる能力を持つ『セト神』のアレッシーが使用キャラとして登場します。

原作ではポルナレフが主に食らった若返りの能力ですが、

本作では対戦格闘なので、他のキャラも子供化の能力を食らい、ちゃんとグラフィックも用意されています。

これが、かなり芸が細かく、全てのキャラに当てたくなります。

ジョセフなら若返り、イギーちゃんなら初登場の不敵な顔面の姿、DIOは若返らずヌケサクにチェンジします。

 

・イギー。

原作でも『ザ・フール』格好良いしキャラクターも大好きなイギーちゃん。もはや使うしかありません。

対戦する時はペットショップと並んで一番使ったキャラだと思います。

 

・他の使用キャラ。

あとジョセフと第2部ジョセフ、ポルナレフ辺りを。

ジョセフ、ポルナレフはもちろん原作で好きなキャラです。この手の対戦格闘では、使いこなせるこなせないに関わらずとにかく好きなキャラを動かしたいのです。

 

・第2部の若いジョセフ。

隠しキャラではありますが、第2部時代のジョセフも登場します。

第2部準拠なのでスタンドは使えませんが、ちゃんと専用の必殺技や演出が作られています。スーパーストーリーモードではアレッシーから若返り攻撃を食らった後逃げたとか専用のストーリーが用意されていました。

 

 

・借りパク、ダメ絶対。

そういえば、よゐこさんの昔のネタ蔵出しDVDも誰かに借りパクされてたの思い出しました…。全然関係ないですが。

借りパクよくないですー借りパクへのメッセージを最後にこの記事を終わりたいと思います。