ゲームの想い出ノート

ゲームはクリアしたらほぼ手放してしまいますが、ゲームの想い出が薄れていくのは寂しいものがあります。このブログはゲームの想い出が風化する前に形に残したいと考え、綴ったものです。評価やプレイ日記というより、あくまで想い出なので記述内容に偏りや、想い出補正があります(特に昔プレイした作品)。ゲーム攻略の参考にはなりません。

ファイナルファンタジータクティクス(PS・1997)

ファイナルファンタジーシミュレーションRPG

ファイナルファンタジーの名前を冠していますが、全体的にはFFっぽいというより、タクティクスオウガの主要スタッフさんが関わっているので、タクティクスオウガの方に雰囲気は近いようです。 

タクティクスオウガはプレイしてませんが、後にプレイ日記などを読んで、そういう印象を持ちました。

 

・シナリオ重たい。

中学生~高校生辺りでプレイしていたのですが、かなり重厚な軍記もので、主人公がやっていることが一般には理解されず孤独、というふわっとした印象でシナリオはあまり覚えていません。

あの頃には良さが判らなかったですね。もったいなかったです。

大人になった今、改めてやりたい作品です。

 

・ジョブ&アビリティ。

ジョブ&アビリティシステムがあります。

バトルシステムはどこまでがタクティクスオウガ由来なのかがよく判らないのですが、

高さの概念があるマップで戦い、基本的には高いところに登った方が有利です。

あと、ファイアーエムブレムのような交互に軍単位でターンが回ってくるタイプではなく、

敵味方素早いキャラから行動していき、

更に、魔法やアビリティにチャージタイムがあってそれも考えながら戦う、取っつきづらいですが、慣れればかなり面白いバトルでした。

それにFFおなじみのジョブ&アビリティのシステムが融合していてとても面白かったです。

私の記憶のほとんども戦っていた記憶ばかりです。

 

・枠少ない。

メインストーリーに関わってくる顔グラ有りの固有ユニットと、いわゆる汎用ユニットと、あとモンスターが仲間に出来るのですが、

それにしては枠が少なかった印象です。

その上モンスターは繁殖もしたような…。

真言と裏真言使う人から消していったような…。

 

・雷神シド。

周りのFFTプレイヤーが、とにかく圧倒的に強い、強すぎると持ち上げるので、

色々こじらせてた私は逆に考えて使わなかったのですが、

冷静になった今では、普通に使えばよかったと思っています。

ゲーム内設定で強いともてはやされてるキャラは実力そうでもないっていうのが少なくない中で、

シドはまごうことなき強キャラです。

 

・儚いについて語るアグリアス

とにかく魅力的でした。アグリアスは使いたかったので、しっかり育てました。

 

・突然雰囲気が変わる主人公ラムザ

シナリオの途中で唐突にグラフィックが変わるのですが、

なんか「そこ?そこでなの?」というタイミングだった記憶があります。

好きなキャラで、今でもたまにラムザのキャラグッズみかけるとテンション上がりますが、思い出そうとすると唐突なイメチェンのイメージばっかり…。 

 

・儲け話。

本筋と関係ないいわゆるクエスト的なものだったと思いますが、これをやるのが結構楽しかったです。

 これは確か汎用ユニットしか行かせられなかったので、汎用ユニットも何人か育てる必要がありました。ユニット枠少ないのに。

 

・ウイユヴェール。

本筋と全く関係ないサウンドノベルなのですが、

徐々に明らかになっていく謎めいた物語にすっかり夢中になってしまいました。

FFTのメインストーリーよりこっちの方がよく覚えてます。

 

 ・BGM良好。

特に好きなのはタイトルうろ覚えですが、『教会アタック』とかいう名前だったと思います。

普通のバトルマップ曲の一つだったと思うんですけど。

他にも聴きごたえのある曲ばかりで、サウンドテスト出来る裏技を最近知ったので、取り出してやってみたいですね。