ゲームの想い出ノート

ゲームはクリアしたらほぼ手放してしまいますが、ゲームの想い出が薄れていくのは寂しいものがあります。このブログはゲームの想い出が風化する前に形に残したいと考え、綴ったものです。評価やプレイ日記というより、あくまで想い出なので記述内容に偏りや、想い出補正があります(特に昔プレイした作品)。ゲーム攻略の参考にはなりません。

ワイルドアームズ(PS・1996)

・荒野と口笛のRPG

先の魔族との大戦で荒廃してしまったファルガイアという世界を冒険するRPGです。

基本的にはファンタジーの世界観ですが、西部劇っぽさやSFっぽい要素もあって独自の雰囲気が醸されています。

 

・延々と再生するオープニングのアニメ。

起動してしばらくするとアニメーションが始まります。

流れるBGMも非常に美しく、延々とそれを観てました。

 

ゼルダっぽい。

うまい言葉が見つからないのですが、街やダンジョンで、グッズと呼ばれる色々なアイテムを駆使して探索や謎解きをする要素があって、ゼルダっぽいと思ってました。

パーティーは3人なのですが、それぞれ使えるグッズが違い、先頭にいるキャラのグッズを使えるため、適切に入れ替えて使用します。

 

・ぼっち3人がパーティーを組む。

ゲームスタート段階では、パーティーを組む3人それぞれ別の所から物語が始まります。

3人をそれぞれ操作して、彼らを出会わせパーティーを組む所は何気にテンションあがりました。

 

・3人とも主人公といえる。

いわゆるドラクエの主人公的に、一言も言葉を発しないステレオタイプの主人公キャラとして、ロディくんがいますが、

ザック、セシリアにもそれぞれドラマがあり、3人とも主人公といって差し支えないと思います。

 

・バトル。

戦闘はコマンド入力式のオーソドックスなタイプで行います。

バトルシステムに関しては、ここでは割愛しますが、とりあえずポリッポリなことしか覚えていません。

 

・素晴らしすぎるBGM。

BGMがとても素晴らしいです。この作品でなるけみちこさんを知りましたが、なるけみちこさんのBGMはいつも素晴らしいです。

 

RPG三大胸くそ悪い村の1つがここに!

サーフ村という村がそれにあたります。

ザ・村って感じで、村ならではの独特の胸くそ悪さで、プレイヤーもロディくんと同じような心の痛みを感じられます。

 

・ネーミングセンス。

ワイルドアームズシリーズは、ネーミングセンスがとてもかっこいいです。私の厨二心を絶妙にくすぐりまくるネーミングのものがダンジョン名、街の名前や、ガーディアンという守護獣たち、ゴーレム…とにかく様々登場し、ことあるごとにくすぐりまくってくれます。

神々の砦の異名を持つゴーレム『アースガルズ』とか、『散歩する庭園』という名前のダンジョンとか…。

 

・ARM。 

古代遺跡から発掘された精神をシンクロさせて使用する兵器で、ゲームタイトルにもなっています。

ARMは使用者が限られていて、非常に強力な兵器なので、使用するだけで恐ろしがられたり、忌み嫌われてしまう事も少なくありません。

 

・ロディくん。

3人のパーティーメンバーの一人で、上述通りドラクエ主人公タイプで一切喋りません。

無口キャラという事でなく、ゲームキャラ同士ではコミュニケーションをしっかりとれています。私達の耳というか目には見えませんが。

ARMを使用でき、常人離れした怪力を持っている事から恐れられ、迫害される場面が多いです。

中盤で、人間でなくホムンクルスというARMを駆使して戦う機械人形であることが明らかになりますが 、

起動した時から育ての親から、じっくりと人の心を学んでいたため、とても心優しい少年に育ちました。

出会う女性キャラ相手にフラグを立てまくり、めちゃくちゃもてます。

 

・ザックと相棒のハンペン。

3人のパーティーメンバーの一人で、早撃ちの使い手です。

早撃ちと言うと銃キャラかなーと思いますが、銃でなく剣なのが凄いセンスだと思います。

軽妙なキャラですが、実は深い悲しみを背負ったキャラで、名前も偽名です。

物語が進むほど深みが出てくる人物です。

ゲーム起動後、ほっとくと観られるアニメーションの次に、交代する形でザックの過去が語られています。こっちは一、二回くらいしかしっかり見てませんが。

相棒のハンペンはカゼネズミとかいう精霊かなんかで、見た目は非常にシンプルにネズミですが喋れます。

グッズとしてハンペンは発射できます。

 

・たまにうごめくセシリア。

パーティーメンバーの一人で、魔法担当です。

途中で髪をバッサリ切ったり、神々の砦・アースガルズという名のゴーレムに呼びかけたり、ロディくんに惚れたり色々物語を盛り上げてくれたと思うのですが、

よく覚えているのは、バトル終了後たまに異様な動きでうごめいている姿です。

どうやら可愛く腰振りしてるサービスと解釈するべきらしいのですが、

二頭身でポリッポリなので何とも形容しがたい姿です。

 

・ルシエド

かっこいい狼の姿で、欲望を司るガーディアンです。ガーディアンというのは設定がなんか複雑にあったので説明は割愛するとして、大体他のゲームでいうところの召喚獣みたいなポジションのやつなのですが、ルシエドだけ実体化して自分の意思で動いています。

確か、愛とか勇気とか希望のガーディアンは人々がそういう気持ちを失いつつあるので、力を失ってましたが、欲望だけはなくならないからーみたいな理由だったと思います。

一緒にいた魔族の事は忘れました。

 

・ゼット。

出てくると面白いくだりが始まりますよーというコメディリリーフ的キャラですが、なんかほろりとする隠しイベントもあったような気がします。

 

・エルミナ復活。

悲劇的な最期を遂げるエルミナですが、隠しイベントで復活します。

ヒントはありますが、結構複雑なイベントだった事もあり感動もひとしおでした。

 

・はいよるこんとん。

シリーズ通して登場する稼ぎモンスターですが、ある程度対策して望まないと返り討ちにされる事もあります。

確かファルガイアに侵略しようとしている宇宙人かなんかだったと思います。

 

ラギュ・オ・ラギュラ

結構隠しボスや隠し要素が多い作品だと思うのですが、シリーズ共通の最強隠しボスとして、ラギュ・オ・ラギュラというのがいます。百魔獣の王とよばれ、アビスという隠しダンジョンの奥でギターを奏でるとお出でになります。

倒すと、シェリフスターというのが貰えます。

 

・ドラマCDでも喋らないロディくん。

このゲームは本当に好きだったので、ドラマCDも買いました。

肝心の内容はよく覚えていませんが、

ロディくん、ドラマCDでも台詞無しっていうのが徹底しているなと思いました。

ザック達がロディの様子や心情を代弁してたと思うのですが、

いや、もうドラマCDなんだから適当に喋らせたら良いんじゃない?と思ってました。

リメイク版ではバトル時のみですがボイス付きでしたし。