ゲームの想い出ノート

ゲームはクリアしたらほぼ手放してしまいますが、ゲームの想い出が薄れていくのは寂しいものがあります。このブログはゲームの想い出が風化する前に形に残したいと考え、綴ったものです。評価やプレイ日記というより、あくまで想い出なので記述内容に偏りや、想い出補正があります(特に昔プレイした作品)。ゲーム攻略の参考にはなりません。

チョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮(wii・2007)

チョコボの不思議なダンジョンが帰ってきた。

1、2ともにプレイ済で、時忘れの迷宮も喜び勇んで買いました。

チョコボというのはFFシリーズのあの黄色い鳥で、スピンオフ作品になります。

不思議なダンジョンというとシレン不思議のダンジョンシリーズが有名ですが、こちらは『の』でなく『な』です。

なんか色々ネーミングにも理由があったと思いますが、忘れました。

もともと玄人向けな印象のシレンを万人向けにしましたよ、という感じの手触りのチョコボの不思議なダンジョンシリーズなので、おおよそはシレンっぽいゲームと言って差し支えないと思いますが、

FFスピンオフでありチョコボ特有の要素があります。

 

・シナリオの内容はあまり覚えていません。

雰囲気が童話風で、なんか街の人の記憶がなくなるとか、良い感じのシナリオだったとは思います。

ダンジョンをクリアすることで徐々に明らかになっていくものもあり、プレイ中は没頭して楽しんでいましたが、残念ながら肝心の内容はほぼ忘れました。

 

・声優さんが豪華。

チョコボは鳴き声だけですが、それ以外のキャラにはボイスが付いていて結構豪華です。

一人だけ声優でない方が、メインテーマを歌っておられた関係か演じておられましたが…恐らく不評だったのかDS版では変更されたとか…。

 

・ダンジョン探索。

メインストーリーのダンジョンはぬるめの難易度でさくさくプレイしていけます。

操作キャラはもちろんチョコボです。リアルな鳥丸出しなチョコボでなく、デフォルメされたやつなのでとっても可愛いです。

武器と防具は爪と鞍です。

ダンジョン探索はおおよそシレンっぽい感じとしか説明できません。

あとFFスピンオフならではの要素としてジョブシステムがあります。

アビリティも使えますが、そんなことよりコスプレしてるチョコボが可愛いです。

物足りない人向けの歯応えのあるダンジョンもきちんと用意されています。

 

チョコボが可愛い。

とにかくチョコボの可愛さが際立っていた作品です。色々アクションも見せてくれます。

 

・BGMが良好過ぎる。

過去のFF作品のBGMをアレンジされたものが使われているのですが、これがとんでもなく良アレンジです。

使いどころも見事にマッチしていて、とにかく素晴らしいの一言です。

サントラ欲しいです。

 

チョコボの不思議な絵本からポップアップデュエルがやってきた。

チョコボの不思議な絵本』というこれまたチョコボミニゲーム集がDSでありまして、それのミニゲームがプレイ出来ます。

ポップアップデュエルというカードゲーム、面白かったので嬉しかったです。

 

・移植作品がゲーム内容的には完全版。

Wii版買ったすぐあとでDS版の存在を知り、ゲーム内容的にはそちらが追加要素がたくさんあるということで、ちょっとがっかりしました。

でもグラフィックやBGM周りはもちろんこちらが優秀と聞いて、それで自分を慰めてました。

そのうちDS版も買おうと思っていましたが、結局未だに買ってません。