ゲームの想い出ノート

ゲームはクリアしたらほぼ手放してしまいますが、ゲームの想い出が薄れていくのは寂しいものがあります。このブログはゲームの想い出が風化する前に形に残したいと考え、綴ったものです。評価やプレイ日記というより、あくまで想い出なので記述内容に偏りや、想い出補正があります(特に昔プレイした作品)。ゲーム攻略の参考にはなりません。

オプーナ(Wii・2007)

・買うには権利が必要。

あちこちでネタにされまくったオプーナ

私はリアルタイムでそのネタを知っていたわけではないのですが、後でそのネタとゲーム評価に惹かれ購入しました。

そしてその世界観にどっぷりはまってしまいました。

 

・住みたいディストピアNo.1。

管理社会とかディストピアというと、シュタインズゲートの鈴羽が語る未来世界のような夢も希望も無い世界のようなイメージですが、こちらのディストピアはとても行き届いた住み心地の良いディストピアです。

管理社会ならではの個人情報保護の概念のかけらも無いとか、個人の適正で職業が決まるとかそういうのはありますが、ゲーム上ではそれがマイナスに感じられる事は無かったように思います。

職業も本職こそ決まってますが、ライセンスさえ取れば副業も自由ですし。

色々、住みたいゲーム世界はありますがオプーナの世界はやっぱり上位に入りますね。

 

・画面酔いしやすいとされていますが…。

オプーナさんの身長が低いので視点が低く、移動速度も結構速いので酔いやすいと言われています。

私は画面酔いしやすい性質の方で、それで断念したゲームも多いのですが、オプーナは平気でした。

・ライフスタイルRPG

とかいうジャンルを自称してあったと思います。

普通のRPGならではのバトルもありますが、生活を送るという要素がかなり充実しています。

 

・とにかくライセンス取得。

行動範囲を広げるにはとにかくライセンス取得をすることで、いわゆる権利書、権利ネタはここからきています。

 

・複雑な構造のトキオネ。

最初の街的な施設なのですが、ちょっと複雑な構造をしています…。

 

・アクティブボンボンバトル。

バトルの名称です。

オプーナさんの頭部にあるボンボンは武器なのです。

なにがボンボンだよ、と言いたくなる名称ですが、これがなかなか奥深くて面白かったです。

 

・慣れればハマるオプーナさんのみため。

パッケージだけ見るとなかなか万人受けする絵柄でないというか、

そしてそこはかとなく面白くなさそうな地雷臭がする感じのキャラデザインなのですが、

ゲームにハマってくるとそれも可愛く愛着がわいてきます。

LINEスタンプオプーナさんは発見した瞬間に即ダウンロードしました。

Wiiを知人に譲る際、「他のソフトはともかく、オプーナさんの事はどうか可愛がって欲しい」と頼んで譲りましたが、はたしてオプーナさんは知人の家でも活躍しているのでしょうか…。

 

・BGM良好。

サントラ欲しいです。