ゲームの想い出ノート

ゲームはクリアしたらほぼ手放してしまいますが、ゲームの想い出が薄れていくのは寂しいものがあります。このブログはゲームの想い出が風化する前に形に残したいと考え、綴ったものです。評価やプレイ日記というより、あくまで想い出なので記述内容に偏りや、想い出補正があります(特に昔プレイした作品)。ゲーム攻略の参考にはなりません。

ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち(FC・1990)

・女勇者の髪型がブロッコリー

そして、セクシーな衣装。ファミコンの画面ではよく判らないのが残念ですね。

 

・全5章。オムニバス形式で各仲間の旅立ちが描かれ、5章で全員集合。

各キャラに愛着がわきました!しかし、AIで行動する仕組みだったため、一部のキャラに変な個性が…。

 

・ロザリー。

どっかの宿屋で見ることが出来るピサロの過去。ドラクエⅣって今までのドラクエと違って敵側にもちょっと感情移入しちゃう感じでした。そこが好き。

 

ホイミン

人間になりたい。人間と一緒に行けば人間になれるかも?

そんなよく考えなくても無理過ぎる理由で仲間になってくれた、頼もしすぎるライアンの相棒のホイミスライム

まさか本当に人間になれるとは…。

 

・かわいくて強い女の子達。

とにかく女の子達が可愛くて強かったです!

 

・一方その頃…。

なんとなーくぱっとしない男性陣。

髭の戦士、太った髭の商人、髭の魔法じじい。そしてクリフトはぱっとするべくザラキマシーンとなった。

 

・はじゃのつるぎは売らない。

3章では、いつか自分の店を出したいトルネコが店番をするくだりがありました。可愛い奥さんから弁当を受け取り、今日もトルネコはお店番。しかし、はじゃのつるぎは後で自分で買おうと思って売らないのでした。

 

・通常戦闘BGM、かっこよすぎ

ドラクエの曲には名曲が数あれど、これがドラクエの曲の中で一番好きなような気がします。気がするだけですけど。

転調するところがかっこいい。